女性が和装でお葬式に出席するときに注意しておきたいこと

冠婚葬祭における服装のTPOをまとめたインフォメーションサイト

葬儀の和装と時代錯誤の格差

和装の喪服は葬儀における喪服が体系化した明治時代における一般的な喪服であったこともあって、家父長制が主流の時代にとって不可欠だった格を明確に示す機能があり、喪主及び親族と弔問客を正喪服、準喪服、略喪服という喪服の格でわかりやすく区分することもでき、葬儀に際し喪主の負担を軽減できる場合があります。

女性向け葬儀での和装についての基礎

葬儀用の喪服は黒が基調で構成される点において和装の喪服も洋装の喪服も同一ではありますが、和装の喪服には洋装の喪服よりも細かい規定がある上に、男女差も加わることもあって非常に煩雑であり、特に女性は化粧や鞄についても言及されるため、基礎的な理解をしておくべきでしょう。

和装に係わる参列と男女の差異

和装の喪服での葬儀への参列は、葬儀の伝統と慣習の一部である格と抵触しやすく、家父長制の影響の強い時代に形式が整った喪服の場合、葬儀に関連する事柄の中でもその傾向が顕著にみられることから、和装の喪服で葬儀に参列する場合、男女差についても意識を向けておく必要があるのです。

葬儀においての和装と喪主

日本における喪服は生まれた頃から、伝統や慣習に基づく暗黙のルールが形成されていましたが、明治に黒い礼服が喪服のスタンダートとして周知されると、男性は和装と宮廷服、女性は和装の喪服を中心とした喪服の着用ルールが体系化されたため、家父長制による社会構築を目指した当時の政府の方針の影響が色濃く反映されており、喪主の優先順位が配偶者を除き男子が優先され、和装の喪服の着用ルールに男女差があるといった形で、葬儀全体へ明確に影響を与えています。

明治時代に葬儀がほとんど体系化されると、地域色が強く反映されることはあっても形式や服装に関しては概ね共有されていき、時代が進むにつれて洋装の喪服が取り入れられ、弔問客は洋装の喪服を着用するようになるなどの変化はあったものの、明治に生まれた喪主と和装喪服のルールについては伝統的に引き継がれていき、家父長制の影響が顕著に残っているがために、現代になると時代の流れと乖離を引き起こすこともしばしばです。

具体的には、現代でも根強く残る家格にまつわる家族間でのいざこざの一因となっており、和装の喪服に関する正しい知識を持たないことが発端で、和装の喪服と洋装の喪服を勝手に格付けし、婚家が婿や嫁に難癖をつけるといった事態を招いている他、喪主を決めるにあたって、同居や介護した子どもではなく伝統と慣習に従い、長男が喪主を務めることを主張するなど、核家族化が進み家父長制に求められた家長の存在自体が求められなくなった現状とそぐわない時代錯誤が見受けられますし、喪服における正喪服・準喪服・略喪服の着用ルールにおける男女差のように伝統と慣習から生じる錯誤も少なくありません。