女性が和装でお葬式に出席するときに注意しておきたいこと

冠婚葬祭における服装のTPOをまとめたインフォメーションサイト

女性向け葬儀での和装についての基礎

基本的な女性の葬儀用の和装

葬儀用の和装は正喪服・準喪服・略喪服の三種類で構成されますが、男女ともに紋付着物と黒か白の足袋や草履をベースにしており、女性の場合は半襟や長襦袢、帯などの種類や装飾で正・準・略の喪服が分類され、男性の場合には羽織・袴が加わるといった細々とした違いがあります。

また、女性の和装喪服は正喪服・準喪服・略喪服のいずれにおいても髪飾りや帯止めはつけず、持ち込むハンドバッグも黒い布製のものに限定されるなどの違いがある他、着物の色にも規定があり、正喪服は黒、準喪服は黒以外の色無地、略喪服は寒色(青や青緑)の色無地とされるようです。

男性の場合も喪服と準喪服は女性とほぼ同様ですが、略喪服では紋付に代わって地味な色合いの御召が求められる点で異なるでしょう。

和装で避けるべき女性のマナー

正喪服・準喪服・略喪服は和装の喪服の最低限の基準であることから、性差によって生じる着物の服飾品への規定に関してもきちんと指定しているため、和装の喪服に限っては大まかなマナーがあるものの、葬儀の多様化で服装のマナーについては主催する喪主によってまちまちになってしまい、正喪服、準喪服、略喪服といった和装の喪服の規定についても定かではなく、和装の喪服と洋装の喪服という大雑把な分け方しかしない極端なケースも生じています。

ただし、葬儀において女性は最低限のマナーとして紅を用いない薄化粧が原則として求められることから、喪服の和洋を問わず、口紅やグロス入りリップクリームの使用は控えるべきであることは間違いありません。


この記事をシェアする